はじめに

こちらは、恐竜模型造形作家 荒木一成の制作記ブログです。
右のカテゴリーにある恐竜を選んでもらうと、その恐竜の制作記が出てきます。
この制作記はブログ「
カズやんの恐竜模型徒然草」からの再録です。
ですので、基本的には
新たに模型を作った時のみの更新になると思います。
恐竜模型作りに興味を持たれた方のため参考資料、材料をリンクしておきます。

恐竜造型材料集 恐竜造型に使用する材料集です。

恐竜資料集 恐竜関係の資料です。

造形資料集 模型・フィギュア造形に役立つ資料集です。

(このブログは「
恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (2)

ティラノサウルス2009を作る その1

ずいぶん制作をさぼってしまいました。coldsweats01
来年の恐竜模型貸出しに備えて、新しく1/10スケールのティラノサウルスを作ることにしました。
今回の制作のきっかけになったのは、先日購入したサイドショウのT-rex
とにかくキズだらけでかっこいいので、今回は「スカーフェイス」を作ることに決定!

また今回は、最初は全体像のスケッチは描かず、進行しながらポーズを決めていくと言う荒技で作っていくことにしました。
果たして完成するやら・・・。

まずは全身の重さの軽減のため、芯に発泡スチロールを使用。
電熱線を使った「スチロールカッター」で形を整形し、頭部を作っていきます。

A0

頭骨・顎の芯ができました。

A1

もちろん中もくり抜きます。

A2

石粉粘土「ファンド」で芯を包むようにして、頭の形を作っていきます。

A3

その2に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ティラノサウルス2009を作る その2

さて次は頭部のディテールをつけていきます。
ファンドで形をつくり、ウロコを先の細いヘラやニードルで作っていきます。
ウロコは粘土がまだやわらかいうちにつけていきますので、結構時間との闘いになります。

A4

ある程度ウロコを作ってから、「スカーフェイス」の傷をつけていきます。
どういう風に戦ったらこんなキズがつくのか、あまり深く考えずつけてしまいました。ちょっとやり過ぎてしまいましたかね。coldsweats01

A5

その3に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ティラノサウルス2009を作る その3

顔の部分が出来ましたので、目を作ります。eye
義眼を用意する方法もありますが、今回は簡単に粘土で作ることにしました。

眼窩(目の入る穴)部分に粘土のかたまりを入れ、
B1

眼球とまぶた、シワを作っていきます。
B2

目は出来るだけ球形になるように作ります。こんな感じです。
B4

下顎も頭部同様に作っていきます。(今回は松村クチビルを採用kissmark
B5

キズだらけのお顔が出来上がり~。happy01
B6

その4に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ティラノサウルス2009を作る その4

さて顔の外側(表側)ができましたので、今度は内側の制作です。
C2

上顎の内側。いつものようにでっち上げです。
C3

下顎。舌も作ります。bleah
C4

後からの色づけは難しいので、先に着色しておきます。ちょっとドピンク過ぎたかな?
C5

その5に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ティラノサウルス2009を作る その5

さて、牙の無いティラノサウルスは様になりませんので、歯を作っていきましょう。smile

歯の造型には、透明感があり弾力性もある樹脂粘土のグレイスを使います。
指で丸めるようにして、ティラノ独特のバナナの様な歯を作っていきます。
C1

歯を適当な長さに切って、上顎につけてきます。
C6_2

出来ました。すき間は同じグレイスで充填して補修します。
C7

下顎の歯も揃いました。
C8

顎を取り付けた後では塗装しにくいので、先にクリアを塗ります。
C9

上下の顎をつけました。牙がつくと、ティラノサウルスらしくなりましたね。happy01
C10

その6に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ティラノサウルス2009を作る その6

さて次は胴体の制作です。

胴体も芯に発泡スチロールを使って軽量化をはかります。
スチロールカッターを使ってカットしました。
D3_2

何層かに接着して、体の厚みをつけます。上から見たところ。
D4

スチロールカッターで角を取りながら、丸みをつけていきます。同じ部位の骨格と比較してみます。
D5

その7に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ティラノサウルス2009を作る その7

次は胴体と首をつなげます。

とうぜん首の部分も軽量のため、発泡スチロールを芯に使います。
D1

その上に薄く粘土をつけていきます。
D2

針金を通して胴体につけます。接着剤も使用して強度をつけます。
胴体も首と同じように、粘土を薄くつけた状態です。
同じ部位の骨格と比較です。
D6_2

その8に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ティラノサウルス2009を作る その8

あ~やっぱりデカイと作るのに時間がかかる~。
さて次は首の部分を作っていきます。

発泡スチロールの芯に、うすく粘土をつけます。
D7

再び粘土を盛り、ディテールを作っていきます。
D8

ウロコは鉄筆で描くようにして彫りこんでいきます。
D9

首にも傷を作りましょう。hairsalon
D10

その9に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ティラノサウルス2009を作る その9

胴体の作りこみの前に足の補強です。
一応、予定では片足立ちにするつもりですので、金具で補強します。

ホームセンターで買ってきた金具を、足の形に組み合わせ、補強材を作ります。
E1_2

足の芯の発泡スチロールの内側に補強材の入る部分を作ります。
E2

胴体に木材を入れ、金具をネジ止めします。
E3

こんな感じですかね~。
E4

その10に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)