はじめに

こちらは、恐竜模型造形作家 荒木一成の制作記ブログです。
右のカテゴリーにある恐竜を選んでもらうと、その恐竜の制作記が出てきます。
この制作記はブログ「
カズやんの恐竜模型徒然草」からの再録です。
ですので、基本的には
新たに模型を作った時のみの更新になると思います。
恐竜模型作りに興味を持たれた方のため参考資料、材料をリンクしておきます。

恐竜造型材料集 恐竜造型に使用する材料集です。

恐竜資料集 恐竜関係の資料です。

造形資料集 模型・フィギュア造形に役立つ資料集です。

(このブログは「
恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (2)

ヴェロキラプトル2009を作る その1

とんと仕事がなくなりましたので、放浪の旅に出ようか模型を作ろうか迷いましたが、いつものように先立つものが無いので模型を作ることにしました。
最近では、恐竜模型を作る造形作家も多くなり、学術派、考証派、技巧派など、とても私など太刀打ちできない作品ばかりです。
トンデモ派の私としては、ここは変化球のシチュエーションで勝負。

今回のシチュエーションは「狩ったプロトケラトプスを、お気に入りの食事場所に運び、ゆっくり食べ始めるヴェロキラプトル」
表題は「餌場」
まずは頭の中のイメージを簡単なスケッチにします。
1

次回につづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ヴェロキラプトル2009を作る その2

ヴェロキラプトルを作るの2回目は、いよいよ粘土で形を作っていきます。
スケッチ、骨格図などを参考に針金を芯にし、粘土を盛っていきます。
今回使用した粘土は「 ファンドソフト
手触りは、「 ラドール 」に似ていますが、もう少し肌理が細かいイメージで、「 プルミエ 」や「 プレミックス 」より硬い感じです。
しかしいつも使う「ファンド」よりはるかに柔らかいので、形を決めるのが難しいです。(ヘラで押すと、すぐ形が変わってしまう)

ヴェロキラプトルは流行の羽毛タイプで作っていきます。
2_2
丘陵は、粘土のムクでは重すぎるので、発泡スチロールを適当な大きさにカットし、芯にしています。
3

次回につづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ヴェロキラプトル2009を作る その3

どんどん作っていきます。
5
ヴェロキラプトルの身体の羽毛表現ですが、今回はちゃんとモールド(彫刻)をつけます。
6 前回作ったシノルニトサウルスでは、身体のモールドをつけず、塗装で羽根模様を表現しましたが、おみやげの木彫りの鳥みたいになってしまい見事に失敗。sad
足を深く折り曲げていると、羽根の流れが訳分からんようになってきますが、テキトーにごまかしながら作っていきます。
気になる人は、柔らかい粘土なので、一度硬化させてから、鉛筆などで羽毛のあたりをつけてから、鉄筆等で彫っていっても良いでしょうね。
11 同時に喰われている、プロトケラトプスの子供も作っていきます。
ちょっと仰向けにはなりにくそうな体型ですが、無理して仰向けになってもらいましょう。(なんか尻尾に剛毛があったとかの説もありますが、無視)
内臓をごっそり喰われて、空っぽになった腹腔にしてもよかったのですが、愛想がないので食べ残しの内臓もつくることにしました。
12 手足をちぎって、喰い散らかしているところも考えましたが、今回は上品にまとめ、喰い散らかしは次回の作品に取っておきます。
内臓を作るのに噂の新兵器、透明粘土「 すけるくん 」を使用しましたが、これが全く「すけません」。despair ちょっとゴツ過ぎたかな。もっと薄くしないと透けないようですね。

次回につづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ヴェロキラプトル2009を作る その4 完成

ひたすら作ります。
13 岩の丘も、今回はファンドソフトで作っていきます。地面には喰い散らかしたプロトケラトプスの遺骸が散らばっています。(最初ダイノテイルズの食玩を複製して使おうと思いましたが、大きさが合わず断念・・・結局全部粘土で作ることに)
ベースは木材で自作。

さて彩色です。使用するのはいつもの アクリル絵具
15 まず、丘とヴェロキを一旦外し、別々に塗装していきます。
なんか岩の丘の骨が、化石っぽくなってしまいましたね。
16 ヴェロキは大まかな模様をつけ、後から修正します。
17 喰われたプロトケラの内臓はクリヤカラーを使用し、透明感が出るようにしました。
全体に薄めたエナメルのフラットブラックを塗りつけ、色調を落とします。
19 最後に、凸モールドに明るい色を塗り仕上げます。

以前読んだ、ジオラマの神様・シェパード・ペインの著書に「死体を作るときは出来るだけ血の表現はしない」みたいな一節が頭の隅に残っていて、あまり血みどろ表現はしないようにしています。(バーリンデンだったかな?)
18 今回もヴェロキの口元、プロトケラの腹など極力、血の表現はしていません。(もう少し、しても良かったかな。ちょっときれいになりすぎたかな coldsweats01

と言う訳で完成です。HPに完成画像を載せましたの御覧ください。「ヴェロキラプトル2009happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)