はじめに

こちらは、恐竜模型造形作家 荒木一成の制作記ブログです。
右のカテゴリーにある恐竜を選んでもらうと、その恐竜の制作記が出てきます。
この制作記はブログ「
カズやんの恐竜模型徒然草」からの再録です。
ですので、基本的には
新たに模型を作った時のみの更新になると思います。
恐竜模型作りに興味を持たれた方のため参考資料、材料をリンクしておきます。

恐竜造型材料集 恐竜造型に使用する材料集です。

恐竜資料集 恐竜関係の資料です。

造形資料集 模型・フィギュア造形に役立つ資料集です。

(このブログは「
恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (2)

ニジェールサウルスを作るぞ! その1

たまには恐竜も作らないといけませんね coldsweats01

とある用事でニジェールサウルス(Nigersaurus) を作ることになりました。前に一度作ろうと思ったのですが、頓挫していたので良い機会です。

ニジェールサウルスは2009年春に国立科学博物館で開催された「大恐竜展 知られざる南半球の支配者」で展示されていました。(画像)

D1
口が特徴のカミナリ竜で、横にひろがった幅の広い口は横一列に細い小さな歯が上下で100本以上並んでいて、予備の歯を含むと500本以上の歯がありました。

D2
地面の葉っぱを芝刈り機のように食べていたのでしょうか?それにしても面白い顔ですね。「おそ松くん」のダヨ~ンのおじさんみたいです。happy01

体長10mほどの恐竜なので、今回の模型は50cmほど、約20分の1で作っていきます。

スケッチを描き、針金と発泡スチロールをもとに、粘土をつけてだいたいの芯をつくります。

D3
まず頭部のおおよその形を作ります。

D5
頭の形はこんな感じでしょうか。

D6

続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ニジェールサウルスを作るぞ! その2

さてニジェールサウルスのその2は、特徴のある顔を作っていきます。

前回だいたいの当たりをつけた顔の形に粘土を盛っていきます。

C1
目や鼻の穴をつけ、

C2
粘土がやわらかいうちに、ニードルの先でウロコやシワをつけていきます。

C3
こんな感じですかね。

C4
一度粘土を乾かして、顎の内側を深くするため、彫刻刀で彫っていきます。

C5
ひも状にした粘土を顎につけで歯を作ります。

C6
歯の形に薄く整形し、

C7
細かく一本一本刻んでいきます。

C8
下顎も同様に作り、舌も作ります。

C9
上下の顎を付けてしまうと彩色できなくなるので、その前に色を塗ります。

C10
こんな感じ。

C11
上下の顎をつけ、

C12
関節部分のモールドをつけて、

C13
頭部の出来上がり。

C14

つづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ニジェールサウルスを作るぞ! その3

さて頭が出来ましたので、続けて首を作っていきます。

B1
継ぎ目があると段差が出来やすいので、なるべく一塊(ひとかたまり)の粘土で形を作っていくと良いでしょう。

B2
深いシワは大きめのヘラを使って、

B3
ザックリつけていきます。

B4
細かなウロコやシワは先の細いニードルでつけていきます。

B5
こんな感じでしょうか。ん・・・なんかやらしい・・・ coldsweats02

B6
前から見ると、少しカーブをつけています。

B7

つづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ニジェールサウルスを作るぞ! その4

胴体部分も同じ調子で作っていきます。

B8
粘土を盛り、肩甲骨など外から見て形が分かるところなどは大袈裟に作っていきます。

B9
首の時と同じ要領で、大きく深いシワはヘラを使い、細かなシワはニードルを使ってつけていきます。

B10
胴体と前後脚の付きかたは、動いた時のシワなどを想像しながら作っていきます。

B11
尻尾まで作っていった状態。

B12
なんとなく出来てきましたね。

B13

つづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ニジェールサウルスを作るぞ! その5

さてそれでは、細部の仕上げです。

まずお腹の部分。体の部分と違い、柔らかいイメージで作っていきます。

A1
足を作ります。

A2
竜脚類の足って面白い形をしていますね。

A3
あったかどうか分かりませんが、かっこいいので、背中のギザギザを作っていきます。

A4
ひたすらギザギザギザ・・・ wobbly

A6
と言う訳で、形が完成です。

A5
次回は最終回の彩色です。

つづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ニジェールサウルスを作るぞ! その6 完成

さていよいよニジェールサウルス塗装・完成編です。

彩色はいつものようにアクリル絵具(リキテックス)の筆塗りです。

彩色前の白い状態。

1
腹側の明るい色から塗っていきます。

2
背中側の濃い色を塗っていきます。

3
模様を一段濃い色でつけていきます。

4
目や爪など細かい部分を塗装します。

5
エナメル系のフラットブラックを薄めて、全体に塗り、ティッシュでふき取り、色調を落ち着かせ、完成です。

6
おおっ!? wobbly 前に作ったフリタデンス・ハーガロルムハンズのT-rexと全く同じ色やないか!!

ま、ええか、種類違うし coldsweats01

と言う訳で、今年最初の作品(笑)「ニジェールサウルス2011」、HPにアップしました。こちらをどうぞ。(今回のモデルはエビゾウを殴ったような奴だ!)

flair 現在この模型は、福井県立恐竜博物館所有です。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)