はじめに

こちらは、恐竜模型造形作家 荒木一成の制作記ブログです。
右のカテゴリーにある恐竜を選んでもらうと、その恐竜の制作記が出てきます。
この制作記はブログ「
カズやんの恐竜模型徒然草」からの再録です。
ですので、基本的には
新たに模型を作った時のみの更新になると思います。
恐竜模型作りに興味を持たれた方のため参考資料、材料をリンクしておきます。

恐竜造型材料集 恐竜造型に使用する材料集です。

恐竜資料集 恐竜関係の資料です。

造形資料集 模型・フィギュア造形に役立つ資料集です。

(このブログは「
恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (2)

プテラノドンを作るぞ! その1

さて、このブログを見ている若い衆&若くない衆が、どんどこ模型を作ってくるので、ここは負けておられません。

と言うわけで、翼竜のプテラノドン(Pteranodon)を作りましょう。

翼竜の製作記事は、このブログでは初めてですね。
え?翼竜は恐竜と違う?いいんですよ、そんなことは。私には、アノマロカリスもシーラカンスもサーベルタイガーも恐竜の仲間ですから。happy01

まず頭を作ります。
芯の状態。針金が入っています。

P01
大きさは、1/20スケールです。上半分。

P02
下顎を作ります。

P03
こんな感じですかね。

ところで、プテラノドンの意味は「歯の無い翼」です。その名の由来通り、プテラノドンのクチバシには歯がありません。
で、一部では有名な話しですが、映画「ジュラシック・パーク3」で出てくるプテラノドンには歯があります!?(ま、JPの恐竜は、遺伝子操作で作られた怪物だからと解釈できますが)

Jpp
フランスPAPO社のフィギュアはJPのライセンスものではありませんが、造形はJPの恐竜そのものですね。
なんとPAPOのプテラノドン・フィギュアにも歯があったりします。

Puterano2
そこは真似したらあかんでしょ! coldsweats01 と思いますが、いかがでしょう。

つづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

プテラノドンを作るぞ! その2

「ルンバの話はもうええぞ~pout」って聞こえてきそうなので、プテラノドンを作るぞ!の続きです。

翼竜で一番の見せ所は、ズバリ!翼ですね。chick

では翼を作っていきましょう。

片翼一枚分の粘土(多い目)を、粘土板の上に乗せます。(画像はカッターマットにラップを巻いて代用しています)

P04
伸ばし棒で、粘土を薄く伸ばしていきます。

P05
必要な翼の大きさよりも大きく(広く)伸ばします。厚さは1mmぐらいが良いでしょう。あんまり薄くすると強度がなくなります。
(修正:ゴメン coldsweats01 実測したら、厚いところで3mmほどありました。)

P06
型紙を使ったりして、粘土を翼の形に切り取ります。

P07
同じく、もう片方も作ります。

P08
今回は石粉粘土で作っていますが、先のコメントにも書きましたが、この翼部分を樹脂粘土で作ると、皮の半透明感が出て良いかもしれませんね。

続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

プテラノドンを作るぞ! その3

翼の作り方の続きです。

粘土がやわらかいうちに、翼の表面にデティールをつけていきます。

P09
腕の形、指の形を作っていきます。

P10
翼竜の翼の先は、人間の薬指にあたる、第4指で支えられています。

P11
翼の裏表のデティールをつけて、乾燥させながら形を整えていきます。
翼竜の翼は、いわゆる一枚皮ではなく、複雑にからみあった繊維構造があったとも考えられているので、硬さや柔らかさ、しわが出来るのか、出来なかったのかなど、想像しながら作るのも面白いでしょう。

P12
先に作った胴体に、角度など調整しながら翼を取り付け、白熱灯で強制乾燥します。

P13
つづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

プテラノドンを作るぞ! その4 完成

プテラノドンをつくるぞ!の続きです。
胴体に翼を付けましたので、胴体のデティールをつけていきます。

P14
背面は毛の表現を、ニードルでつけていきます。

P15
こんな感じですかね。

P16
指や細部を仕上げて、形ができました。(はしょり過ぎ?coldsweats01
P17
さて、じらさないで塗装に行きましょう。

いつもと同じくアクリル絵具で彩色していきます。

P18
模様をつけて、

P19
目や爪など細部を塗って、完成しました。(はしょり過ぎ?coldsweats01

ドイツ軍の砂漠仕様みたいになっちまったぜ!

P20
メインサイトにアップしました。こちらをどうぞhappy01

今回は、「インゲンス!お前はもう死んでいる」

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)