はじめに

こちらは、恐竜模型造形作家 荒木一成の制作記ブログです。
右のカテゴリーにある恐竜を選んでもらうと、その恐竜の制作記が出てきます。
この制作記はブログ「
カズやんの恐竜模型徒然草」からの再録です。
ですので、基本的には
新たに模型を作った時のみの更新になると思います。
恐竜模型作りに興味を持たれた方のため参考資料、材料をリンクしておきます。

恐竜造型材料集 恐竜造型に使用する材料集です。

恐竜資料集 恐竜関係の資料です。

造形資料集 模型・フィギュア造形に役立つ資料集です。

(このブログは「
恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (2)

ブラキオサウルスを作るぞ! その1

唐突ですが、ブラキオサウルス(Brachiosaurus)を作るぞ!の1回目です。

カマラサウルスを作ったら、次に作りたくなるのは、やっぱりブラキオサウルスですよね。
せっかくなら大きいのを作ろうと言うことで、カマラサウルスと同じ1/20スケールで作ることにしました。
予定模型全長120cm也~。

B1
新しくブラキオサウルスを作る場合、避けては通れないのが「首の角度」です。
いつも書いているように、私はブラキオちゃんは高く上げた首が好きなんですが、今回は斜め45度、なるべく真っ直ぐの首を作ります。(どこがやねん!coldsweats01

B2
骨格図をもとに芯になる発泡スチロールをスチロールカッターで切り出し、形を整えていきます。

B3
できるだけ軽量にするため、太ももも芯を作ります。これまたポチャポチャしたのができそうです。

B4
その2に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ブラキオサウルスを作るぞ! その2

さて、今回はブラキオサウルスのお顔作りです。
ネットから引っ張ってきた、ブラキオ頭骨の6面図(便利なモンがありまんな~happy02)を参考にしながら作っていきます。

B5b
針金と粘土で簡単な芯を作り、石粉粘土で形を作っていきます。

B5c
鼻の穴、目、細かいシワやウロコもつけていきます。

B5d
下顎も一緒に作っていきます。

B5e

その3に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ブラキオサウルスを作るぞ! その3

ブラキオサウルスの顔の続きです。
次は歯をを作っていきます。
ブラキオの歯は、長いヘラの様な形をしています。
樹脂粘土で作ろうかとも思いましたが、今回は本体と同じく石粉粘土で作りました。

B6a
歯の形をカッターや電動工具を使って、一本一本の形を整えていきます。

B6b_2
上下の顎をつけると、口の中の色が塗れないので、今のうちに塗っておきます。

B6c_2
ガオ~!口を大きく開けたブラキオも良い感じ。

B6d
最初、昔の復元が好きなので頭のてっぺんに鼻の穴を作りましたが、今風に吻部の方に持ってきました。

B6f
その4に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ブラキオサウルスを作るぞ! その4

顔が出来たら全身を作っていきます。
身体は発泡スチロールに粘土を薄く包み、硬い芯にしてあります。

B7a
その上に粘土を盛っていきます。

B7b
粘土が柔らかいうちにシワやウロコなど細かいディテールをつけていきます。

B7c
胴体も同様に作っていきます。

B7d
ブラキオサウルスなど大きな竜脚類の脚は、あまり筋肉質ではなかったと言う説もありますので、やや細く棒のようなイメージで作っていきます。ちょっと後脚が長く見えるな・・・。

B7e
全身ができちゃいました。(一応言っておきますが日にちは結構かかってますcoldsweats01

B7f
その5に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ブラキオサウルスを作るぞ!その5

さてブラキオサウルスの仕上げはトゲトゲです。
ブラキオの背中にトゲトゲがあったという化石証拠は無いので、この復元はあくまで想像です。
これまで私が作ってきたブラキオにはどれにもトゲはつけていませんし、これは個人作品なので、ちょっと遊びのつもりでつけてみます。

トゲは歯でよく使う樹脂粘土で作ります。

B8e
首から背中、尻尾の先まで、正中線にトゲを接着していきます。

B8a
素朴な質問

Q:その作業は楽しいですか?
A:う~ん・・・ま、それなりに・・・ coldsweats01

B8b
私は「宮廷女官 チャングムの誓い」のDVDを見ながら、2時間ぐらいかけて付けていきました。ひとによると思いますが、結構楽しかったですよ。

B8c
形ができました。さて次回は最終回、彩色です。

B8d

その6に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ブラキオサウルスを作るぞ!その6 完成

さてブラキオサウルスの最終回、彩色です。

今回もいつものようにアクリル絵具の筆塗りで行います。

B9a
まずベースの色を全体に塗ります。(片手で持ちながら塗ってたら、一度落としかけて、背中のトゲで手を負傷してしまいました。weep

B9b
濃い色で模様を塗っていきます。

B9c
全体の色調を落とすため、薄めたエナメルのフラットブラックを全体に塗り、凸部分をふき取ります。

B9d
目や爪などの細部を仕上げて、出来上がり。

B9e

「ブラキオサウルス 2010」をメインサイトにアップしました。こちらをどうぞ

さて作品としてのブラキオサウルスは17年ぶりですが、首の角度や曲がり具合が、なんか昔の彼女の面影を引きずっている未練たらたらな感じですね。coldsweats01
どうもあの真っ直ぐな棒のような最近の首が、私にはいまいちしっくりときませんが、逆に、真っ直ぐな首を見慣れた若い人には、この首はグネグネすぎで気持ち悪いのかもしれませんね~ despair

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)