はじめに

こちらは、恐竜模型造形作家 荒木一成の制作記ブログです。
右のカテゴリーにある恐竜を選んでもらうと、その恐竜の制作記が出てきます。
この制作記はブログ「
カズやんの恐竜模型徒然草」からの再録です。
ですので、基本的には
新たに模型を作った時のみの更新になると思います。
恐竜模型作りに興味を持たれた方のため参考資料、材料をリンクしておきます。

恐竜造型材料集 恐竜造型に使用する材料集です。

恐竜資料集 恐竜関係の資料です。

造形資料集 模型・フィギュア造形に役立つ資料集です。

(このブログは「
恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (2)

ガリミムスを作る 前編

と言っても、芯作りと一緒に作っていたので、途中写真があまりありません。
ガリミムス Gallimimumsは、ダチョウ恐竜の中でも一番大きな種類です。
ダチョウ恐竜も他の小型獣脚類同様羽毛があったと考えられているので、今回の模型も羽毛表現をしていきましょう。
復元画などでは胴体にフサフサした感じで表現されていることが多いですが、やはりダチョウを参考にしているのでしょうか。
模型でも同じテイストで作っていきます。
こうなって、
S2 こうなります。
G1

G0 後編は彩色しましょう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

ガリミムスを作る 後編

ガリミムス後編でいきなり完成です。coldsweats01
彩色は一発勝負なのでいつもドキドキです。(別に一発勝負でなくてもいいんですが)
彩色はいつも通りアクリル絵具のリキテックスです。

まずベースの色を塗り
G3
羽毛部分を塗り
G4
模様を細筆で塗っていきます。
G5
顔を青く塗ったりして、全体が出来ました。
G6
フラットブラックを全身に塗り、色調を落とし
G7
細部を整えて完成です。(画像は強制乾燥中)
G8
完成画像をHPにアップしました。こちらです。(今回はじょしこーせーだ!)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)