はじめに

こちらは、恐竜模型造形作家 荒木一成の制作記ブログです。
右のカテゴリーにある恐竜を選んでもらうと、その恐竜の制作記が出てきます。
この制作記はブログ「
カズやんの恐竜模型徒然草」からの再録です。
ですので、基本的には
新たに模型を作った時のみの更新になると思います。
恐竜模型作りに興味を持たれた方のため参考資料、材料をリンクしておきます。

恐竜造型材料集 恐竜造型に使用する材料集です。

恐竜資料集 恐竜関係の資料です。

造形資料集 模型・フィギュア造形に役立つ資料集です。

(このブログは「
恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (2)

グアンロンを作る その1

そうだ!グアンロンを作ろう!ちょうど東京幕張の恐竜博にも展示されているし。

グアンロン(Guanlong)は今話題の新疆ウイグル自治区で発見された原始的なティラノサウルス類で、頭にある大きなトサカ状の突起が特徴です。

まず特徴のある頭部を作ります。
G2
胴体の芯に頭・左足をつけます。
G3
右足の針金の芯に
G4

粘土を付けて
G5

こうなる予定です。
G6

その2に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

グアンロンを作る その2

グアンロンを作ろうの2回目です。
前回作った胴体と右足の芯を接着して、
G7
粘土(今回もファンドです)でディティールをつけて行きます。グアンロンは羽毛恐竜で復元されていることが多いですが、私の好みでトカゲ肌で作っていきます。
G8
前足も一度、芯の状態で胴体に付け、指の向きなど決めてから、ディティールアップします。
G9
大体の形が完成しました。羽毛恐竜の可能性もあるらしいので、背中にオマケ程度にチョロチョロッと生やしておきました。
G10

明日は日食ですね。晴れるといいな。sun

その3に続く。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

グアンロンを作る その3

さて、グアンロンを作ろうの3回目は彩色です。
C1真っ白なグアンロンを前に、思い浮かぶ色はRaul Martnのせいで、青色ばかりです。
C2 ここは全く反対の暖色系で塗っていきましょう。
着色はアクリル絵具です。
C3 ベース色は黄色、模様はオレンジに茶色の縁取りをしていきます。
C4 最後にエナメルのフラットブラックで色調を落として完成です。

完成画像はこちらにアップしました。(今回はふ~じこちゃ~んですhappy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)