はじめに

こちらは、恐竜模型造形作家 荒木一成の制作記ブログです。
右のカテゴリーにある恐竜を選んでもらうと、その恐竜の制作記が出てきます。
この制作記はブログ「
カズやんの恐竜模型徒然草」からの再録です。
ですので、基本的には
新たに模型を作った時のみの更新になると思います。
恐竜模型作りに興味を持たれた方のため参考資料、材料をリンクしておきます。

恐竜造型材料集 恐竜造型に使用する材料集です。

恐竜資料集 恐竜関係の資料です。

造形資料集 模型・フィギュア造形に役立つ資料集です。

(このブログは「
恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (2)

エウヘロプスを作るぞ! その1

いきなりですが、エウヘロプス Euhelopus を作ります。

エウヘロプスは中国で発見された竜脚類で、とても長い首を持っていました。
ユウヘロプス、ユーヘロプスなどの名前で昔からよく知られている恐竜です。
私が持っている子供の頃の図鑑にもちゃんと載っていました。

E1

体長は10~15m。今回作る模型は80cmですので、ま、1/10~1/20スケールです。
骨格図や標本の写真を拡大コピーします。

E2

私は不器用なので、左右両方の図面があるほうが作りやすいのです。鏡を使うという手もある。

E3

芯材はいつものように、発泡スチロールを削って作り、粘土を薄く貼り付けて作っています。

E4_2

都合により、あっと言う間に芯ができちゃいました。coldsweats01

その2に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

エウヘロプスを作るぞ! その2

エウヘロプスを作るぞ!の2回目は顔を作ります。
カマラサウルスに似ていますね。カマラサウルスよりも鼻が低い東洋人のイメージでしょうか?

E5

歯もカマラサウルスとよく似たスプーン状の形をしています。もう少し密に生やした方が良かったかな。
今回も鼻の穴は吻部の方に持ってきました。

E6

千手観音(別名 北斗百裂拳)の勢いで作っていきます。アタタタタタッ!アタッ!

Senju                (イメージ画像 coldsweats01

E7

都合により、あっと言う間に形ができました。つぎは色塗りです。

その3に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)

エウヘロプスを作るぞ! その3 完成

エウヘロプスを作るぞ!のまだ3回目ですが、もう彩色、そして完成編です。coldsweats01

Ec1
いつもようにアクリル絵具で塗っていきます。
まずベースの薄い色を塗ってから、濃い模様を塗り始めましたが・・・失敗。shock

Ec3

どうもイメージ通りにならないので、一度濃い色を上塗りします。

Ec4

薄い縞模様を後から塗ると、イメージ通りの模様になりました。wink

Ec5

爪や目など、細かい部分を仕上げ、完成です。HPにもアップしましたので御覧ください。エウヘロプス 2010

flair 現在この模型は、福井県立恐竜博物館所有です。

Ec6

このエウヘロプス模型は、福井県立恐竜博物館の特別展「アジア恐竜時代の幕開け-巨大恐竜の進化-」(7月9日~11月7日)に展示される予定です。happy01 この夏は恐竜博物館に行こう!(私のイベントもお忘れなく)
(6月21日㈪から7月8日㈭までの間、展示替えによる作業のため休館なので、注意してね)

Asiandinosign

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)