はじめに

こちらは、恐竜模型造形作家 荒木一成の制作記ブログです。
右のカテゴリーにある恐竜を選んでもらうと、その恐竜の制作記が出てきます。
この制作記はブログ「
カズやんの恐竜模型徒然草」からの再録です。
ですので、基本的には
新たに模型を作った時のみの更新になると思います。
恐竜模型作りに興味を持たれた方のため参考資料、材料をリンクしておきます。

恐竜造型材料集 恐竜造型に使用する材料集です。

恐竜資料集 恐竜関係の資料です。

造形資料集 模型・フィギュア造形に役立つ資料集です。

(このブログは「
恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (2)

マーレラを作るぞ!

バージェスモンスターのマーレラ(マルレラ Marrella )。を作ってみることにしました。(現在、バージェスがマイブーム中 smile

なんか前から透明粘土「 すけるくん 」を使ってみたかったんですよね。

A1
でも試してみたところ、厚みがあると「透けて」くれません。(一応実証済み
ので、急遽、樹脂粘土の「グレイス」を使うことにしました。

A2
資料をもとに実寸のスケッチを描いて、クリアファイルに入れ、その上にパーツを作って置いていきます。(実寸と言っても、作る大きさのことで、実際のマーレラは2cmほどの大きさしかありません)

A3
とりあえず形にしたいので、細かいところは気にせず作っていきます。

A4
シンメトリー?何ですかそれ?coldsweats01

A5
「すけるくん」は薄いと透けるみたいです。(専用のコート液を塗ると、もっと透明度が上がると書いてあります)

A6
ですので、触角や尖ったところに使用してみます。

できました。
光に透かすとこんな感じ。 ん?粘土の違うところは色も違うな。一番長い触手を作り忘れました・・・coldsweats01

A7
色は透明感を残したいので、クリアオレンジをスプレー塗装。 長い角部分はキラキラした構造色だったとう記述もありますね。 

A8
で、なんちゃって3倍寸マーレラの出来上がり。

A9

せっかく作ったんで額装しちゃいましょう。

前に買って、家にあった適当な大きさの額を使います。

G1
標本名をそれっぽく作って貼り付けます。

G2
できました。標本箱っぽいでしょ?wink

G3

で、ギャラリーに飾ってみました。happy01

B10

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| コメント (0)